X-Plane 11 マクドネル・ダグラス MD-82(MD80)のエンジンを始動する方法(初心者向け)

X-Plane 11のデフォルト機「マクドネル・ダグラス MD-82(MD80)」のエンジンを始動(コールドスタート)する方法を解説します。

 

オーバーヘッドパネル

コックピットの頭上にあるオーバーヘッドパネルにはスイッチが並んでいて複雑そうですが、一度覚えると簡単です。

具体的なエンジン始動方法は以下の通りです。

 

電源を入れてAPU(補助動力装置)をスタートする

画像右側、BATTONにする。

画像右下、FUEL TANKSAFT PUMPSFWD PUMPSのスイッチ(計6本)をONにする。

画像左側、ENGSTART PUMPONにする。

画像右上、APUMASTERSTART位置にする。(APUが始動します)

画像右上、APUAIR COND COOLERONにする。

画像左上、APU R BUSAPU L BUSONにする。(青いランプが点灯します)

 

シートベルトサインとピトーヒートをオンにする

画像左下、NO SMOKESEAT BELTSONにする。

ICE PROTECTPITOTダイヤルを画像の位置にする。

(右側のヒート系スイッチもついでに全部ONにします)

 

油圧ポンプをオンにする

副操縦士席側(FMCの右隣)にあるポンプONにする

 

警告灯をオフにする

警告灯(MASTER CAUTION)を押してオフにする。

 

ポジションライトをオンにする

ANTI COLLISIONPOS/STROBEなどのライト類をONにする。

 

ブリードエアーをオンにする

座席の隣にあるレバー2本(白)を前進させてONにする。

 

燃料カットオフをオンにする

スラスト・レバー(スロットル)の下にある燃料カットオフスイッチ(黒)を2本とも上げてONにする。

 

エンジンをスタートする

ENGLRONの位置で長押しする。(15秒ぐらい?)

 

エンジンがスタートするとN2などのメーターが上昇します。

視点カメラを引いて、メーターを確認しながらスイッチを長押しすると分かりやすいです。

 

エンジンから排気が確認できます。

 

エンジンから電気を供給する

L GEN RESETONにする。

R GEN RESETONにする。

画像下のメーターが動きます。

 

プッシュバック

操縦桿の隣にあるブレーキを解除する。

 

Shift+gを押してプッシュバックを要請する。

 

窓枠のレバーをクリックすると窓が開きます。(地上にいるときのみ)

 

APUをオフにする

プッシュバックが終わったらAPUを停止します。

画像左上、APU L BUSAPU R BUSOFFにする。

画像右、APUMASTEROFFにする。

 

APU GENOFFにする。

 

ライトを点灯する

WING LDG LTSNOSE LTSのライトをONにする。

 

離陸

滑走路までタキシングし、フラップを下げて離陸してください。

 

離陸後はランディングギアとフラップを上げます。

以上で終了です。お疲れ様でした。

ズー フライトシミュレータ Xプレイン11 日本語 価格改定版
ズー
OS:Windows 7(64bit) / 8(64bit) / 10(64bit)[※ 32bit のOS は非対応となります]・CPU:Intel Core i3 / i5 / i7 3.0 GHz 以上【推奨:Intel Core i5 6600K 3.5 GHz 以上】
X-Plane 11 B737-800のエンジンを始動して離陸する方法(初心者向け)
X-Plane 11のデフォルト機「ボーイング737-800」のエンジンを始動して離陸する方法を解説します。 実機通りの手順ではなく、手っ取り早くエンジンを始動したい方向けです。 (ATCやFMCには触れません) ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました