広告
広告

アメリカのタイ風ビーフシチュー

ramen082103私がよく行く店にタイレストランがあります。近所にもいくつかあり、チャイニーズには勝てませんが、タイ・ベトナムレストランの店は意外に繁盛しているようです。アメリカで外食するといっても「ここは最高!」と思える様な日本人の舌にあった店を探すのはかなり難しい事で、試しに入った店もハズレの多いこともしばしば。デニーズのTボーン・ステーキディナーは好きですが、毎日は行けない。美味いハンバーガーショップも2日連続で行けば飽きます。他に行く店となると、ピザか中華、またはちょっと遠出して高価な和食となります。考えてもみれば”アメリカ料理”とはマクドナルドしか無い気がします。

食文化に関してはかなり貧しいアメリカですが、そんな中、日本人の口にもあう料理が、タイラーメンです。オークランドには美味い中華ラーメンもありますが、このタイラーメンも負けていません。タイ独特の香草は好き嫌いが分かれるかもしれませんが、私はこの香草の香りも気に入っています。写真のラーメンは、「Beef Stew with Rice Noodle(ビーフシチュー・ラーメン)」です。このラーメンはスープの色が大変濃いのですが、見かけと違って実にさっぱり。辛くもなく肉の旨みが程よく出ています。

牛肉とニンジン、香草、牛の腸が入っており、別に用意される小皿には香草とモヤシが山盛りで付きます。麺は日本にあるようなものではなく、細いキシ麺に似ていますが、コシがあって時間が経ってもあまりのびたりしません。他に、「Egg Noodle(卵麺)」のタイラーメンも選べますが、こちらは中華独特の麺で、最初は硬いと感じます。日本でも滅多におめにかからない麺ですが、本場中国では非常にポピュラーだそうです(中国人の友人談)。チャイナタウンに行くとこの卵麺のラーメンを食べられますが、特に北京ダックのラーメンは最高です。もし皆さんサンフランシスコにお越しの際はメールください。オススメレストランを紹介します。

ちなみにチャイナタウンのレストランに入るとまず店員から100%中国語で話し掛けられます。普通は人数を聞いてくるので、英語でそのまま答えたらいいかもしれません。または二人ならVサインするとか。そして食事のあとに、「マイダーン(中国語で”お勘定下さい”)」といえばちょっとツウかも・・・? また、タイレストランでは女性店員が居たら、「ポムラックン(タイ語で”あなたを愛してます”)」と言えばオマケしてくれるかもしれません・・・!?

コメント

広告
タイトルとURLをコピーしました