Cities: Skylines セーブ時間が長過ぎる原因

シティーズスカイラインズでセーブがいつまで経っても完了しない問題に悩まされていました。

自動セーブが始まると、画面の右上で「パッケージ中」の表示が消えなくなるという現象です。

街が大きくなると問題が発生するので、「PCがポンコツだから」だと勝手に予想していたのですが、ようやく本当の原因が判明しました。

それは、木の設置リミットを解除するMOD、Unlimited Trees Modです。

街が大きくなると木の数が増え、ある一定の数に達するとセーブをパッケージ化するのに極端な時間を掛けているようです。

MODをアンサブスクライブすると、セーブ時間が通常通りに戻りました。

このMODが原因というのは私の環境に限ったことかもしれませんが、同じトラブルに悩んでいる方は是非お試しください。

 

新しい街づくりですが、岩国市を再現する計画を少しずつ進めています。

通津駅~岩国駅間を再現し、車窓からみた動画を撮ろうと考えています。

 

できるだけ現実に近づけようと81タイルで18km四方のマップを作成したのですが、作業が進むにつれて少し大きすぎたと感じています。

それは作業が面倒というよりも、縮尺の関係で細かい再現には10km四方ぐらいの方が作りやすい気がします。

 

電車は115系です。

私の遠い記憶では、昔はこの色の115系が岩国周辺を走っていたと思うのですが、気のせいでしょうか。

 

リアルでもゲームでも、この海辺の区間がお気に入りです。

 

実際の場所よりも少し木を多めに設置しています。

このゲームは木を植えるのが楽しい。

衛星画像を基に線路を敷いているので、カーブのRは実際のものと殆ど同じです。

 

こういった地形はお気に入りです。

トンネルを掘らずに山を分断するところが良い。

 

グーグルストリートビューを確認しながら作業しているのですが、この沿線はフェンスが無い区間が多いことに気が付きました。

線路に入ろうと思えば、どこからでも入れてしまいます。

 

ホームに人が溢れかえっています。

対策として運賃値上げと隣に地下鉄駅を開通させたのですが、無駄でした。

反面、下り方面はガラガラです。

 

地形の取り込みには「terrain.party」を利用していますが、山の稜線が現実世界とそっくりで驚かされます。

追記:動画公開しました。

Cities: Skylines 山陽本線 通津駅~岩国駅 Sanyo Main Line (Tsuzu – Iwakuni)
PCゲーム
フォローする
ブログランキング
にほんブログ村 ゲームブログ PCゲームへにほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
HB-PLAZA リローデッド

コメント