広告
広告

サンフランシスコ上空で編隊飛行

fleetweek101203a

さすがに毎日は行けないので日曜日に絞って楽しんできました。展示飛行は3時を予定していましたが、去年は渋滞で大変だったため、現地へは2時間前に到着しました。まず私が辿り付いたのは、ベイブリッジの途中にある島、トレジャー・アイランド。ここは海軍基地があり、こういったイベント開催時にはゲートが開放され、一般人も中に入る事ができます。到着した時には2時間前という事で人も少なく駐車場もガラガラでした。(余談ですが、刑事ドラマ「ナッシュ・ブリッジス」の撮影で使用される車両やセットは、この基地内で保管されています。」)今日は一年越しに楽しみにしていたサンフランシスコ・フリートウィークでした。このイベントは木曜日から月曜日まで開催されるイベントで、パレードや式典の他、ブルーエンジェルスの曲芸飛行展示、海軍の艦船見学などが楽しめます。一昨年はテロの発生により中止となり、去年は天候がイマイチだった事もあり、朝から快晴となった今日はサンフランシスコ・ベイエリア市民が待ちに待ったベストコンディションのイベントとなったのでした。

車を停めてサンフランシスコが見渡せる海岸まで3分ほど歩くと、もう戦闘機が飛び始めていました。「予定は3時のハズだが?」と首を傾げますが、注意して見ると、飛んでいる飛行機はブルーエンジェルスではありません。なんと、珍しいことに、F15イーグル, F16ファルコン,F18ホーネットが3機編隊で飛行しているのです。これらがトリオで飛行している姿は初めて見た気がします。機体色はオリジナルカラーで、アルカトラズ島上空を飛ぶその姿は、映画「The Rock」を彷彿とさせます。

 

fleetweek101203b

午後1時半頃までトレジャー・アイランドで見物していましたが、サンフランシスコ市内の方が近くに見えると思い、移動する事にしました。車でまたベイブリッジを渡り、市内へ到着。すると、チャイナタウンからフィッシャーマンズ・ワーフまで渋滞していました。なんとか苦労してピア39辺りの立体駐車場に入りましたが、屋上まで車で一杯。そのうち屋上で見物する人ごみに囲まれ身動きが取れなくなりました。すると、1人の40代ぐらいの白人男性が私の運転席側へやってきて、「もう動けないんだから、車から降りて楽しむと良いよ。」と言われました。確かにその通りです。私の前方の車も動けなくなり、後続のドライバーも諦めて車を降りている状態で、私もそのまま車を捨てて屋上で見物する事にしました。

車を降りた時間がちょうど開始時間の3時で、ブルーエンジェルスも5機編隊でやってきました。姿が現れると観客から大きな歓声があがり、「Yeaaaaah!!!」と叫んだり、口笛を吹いたりと盛り上がりました。ブルーエンジェルスは垂直上昇や急降下を繰り返し、回転や反転をしてみせ、途中、機首を40度ほど持ち上げて限界最低速度でゆっくりと飛行してみせました。また、ランディング・ギアを出したまま反転飛行を見せてもくれました。彼らの練度は素晴らしく、まさに一糸乱れぬ飛行です。この飛行展示は約1時間ほど続きました。

駐車場の屋上という高い位置から見物したこともあって、間近に見る事ができました。掲載した写真は私のデジカメによるものですが、4倍ズームしかできない機種でもこれだけハッキリ見えます。肉眼ではこれよりさらに近くに感じました。

コメント

広告
タイトルとURLをコピーしました