広告
広告

白髪のユダヤ人と出会った話し

銀行で入金を済ませ、停めてある愛車に向かいながらレシートを確認していると、その銀行から出てきた白髪のお婆さんに話しかけられました。どうやら、私がレシート見て疑問に感じている様に見えたらしく、「不振な点があれば、聞き直した方がいいわよ。銀行もよく間違いを起こすから。」と、親切心から話しかけられました。ところが、このお婆さんはとんでもなく話し好きで、それから私をなかなか放してくれませんでした。

「あなた台湾人でしょ?」
「いえ、日本人です。」
「うそー!私の知り合いの台湾人と同じよ!」
「あはは・・・」
「差別されたりしない?大丈夫?私はユダヤ人で・・・云々。」
「大丈夫ですよー」
「ところで、この辺に美味しい日本食の店ある?」
「○○ストリートの○×△が美味しいですよ。」
「そうなの?知らなかったー。××っていうレストラン良いわよー。あ、それで、毎日自炊してるの?何作るの?私の車はこのオープンカーだけど、この車息子のものなのよ。私には合わないけどしょうがないわ。あはは。」

・・・と、こんな調子で30分近く銀行前で立ち話し・・・といっても、一方的に喋られた感じでした。

疲れた・・・。

 

コメント

広告
タイトルとURLをコピーしました