Paypal不正利用

インターネットでのオンラインショッピングでクレジットカード情報を入力せずに安全に支払いできるPaypalというサービスがあります。Paypalについては有名すぎて説明する必要が無いほどでしょう。しかし、その知名度は日本よりアメリカやヨーロッパの方が高いかもしれませんね。
・・・で、何故Paypalの話題に触れたかと言えば、実は生まれて初めて他人に私のアカウントを使われて不正利用されてしまいましたー。やってくれるじゃねーか!

突然Paypalから電話があり、「昨日と今日、XXXで3600ドルの取引をしましたか?」と問われ、「身に覚えが無い」と答えると、その時点から私のアカウントは制限され、自分のアカウントへの入金と確認以外は出来なくなりました。犯人はパソコン関連商品を二回に分けて約3600ドル分オーダーし、商品発送先はテキサス州某所となっていました。

これから他に被害者が居ないかも含めてinvestigation(捜査)が始まるとのことで、確認の書類”Affidavit of unauthorized use of my paypal account(Paypal不正利用宣誓供述書(?)”もこれから送付しますが、これはFBIなど公的機関に送られることになるようです。さっさと犯人をジェールにぶち込んで欲しいと願うばかりです。

ちなみに、今回は口座から引き落とされる前に事件が発覚したので損害はゼロでした。Paypalの良いところは、仮に引き落とされても事件発覚後に全額保証される点でしょう。とはいえ、皆さんもこういった事件に巻き込まれないようお気を付け下さい。日頃のアカウントチェックが大事かもしれません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました