広告
広告

ETS2 StudioにSteam経由でサブスクライブしたトラック(MOD)を追加する方法

 

 

ユーロトラックシミュレーター2にスキンを導入できる便利なソフト「ETS2 Studio」にトラックを新規追加する方法を以前に記事簡単!ユーロトラックシミュレーター2でETS2 Studioにトラックを追加する方法でご紹介したことがありました。

前回は、ZIP形式でダウンロードしたトラックをETS2 Studioに追加する方法について触れました。

しかし今回は、SteamでサブスクライブしたトラックをETS2 Studioに追加する方法をご紹介します。

 

 

広告

手順1:Steamでトラックをサブスクライブする

 

 

今回は例としてボルボのFシリーズをサブスクライブします。

Volvo F Series Truck 2.0
https://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=1131584022

 

 

手順2:Steamのインストールフォルダを開く

 

 

Steam経由でサブスクライブ(ダウンロード)されたファイルは、番号で管理されたフォルダに分けられています。

例えば、ETS2は「227300」、Volvo F Seriesは「1131584022」といった具合です。

そこで今回は、Steamがインストールされているドライブから以下のフォルダを開きます。

F:/SteamLibrary/steamapps/workshop/content/227300/1131584022/universal

※新規にダウンロードされたフォルダの探し方は、サブスクライブ直後にフォルダを更新時間でソートすると簡単にみつかります。

※ATS(アメリカントラックシミュレーター)でも同様です。

 

 

手順3:MODのファイルを非圧縮ZIP形式に変換する

 

 

フォルダを開いたら、上の様なフォルダとファイルが確認できます。

これらを全て選択し、非圧縮でZIP形式に変換します。

 

 

ここでは圧縮ではなく、非圧縮でZIP形式にします。

圧縮すると動作しないので、圧縮ソフトの設定に注意してください。

ZIPにしたら、あとはETS2 StudioからZIPを読み込むだけです。

 

今回は以上です。

この続きは、記事簡単!ユーロトラックシミュレーター2でETS2 Studioにトラックを追加する方法をご覧ください。

 

 

おまけ:ボルボFシリーズで痛車を作ってみた

今回ダウンロードしたModで痛トラックを作ってみました。

スキンの作り方は記事「簡単!ユーロトラックシミュレーター2(ETS2)自作スキンの作り方」をご覧ください。

ボルボFシリーズのスキンに必要なテンプレートは以下からダウンロードできます。

https://drive.google.com/file/d/1RySjBCMnk-xsvzuLggWsb8d5RdM5KzPw/view

 

コメント

広告
タイトルとURLをコピーしました