ETS2 StudioにSteam経由でサブスクライブしたトラック(MOD)を追加する方法

 

ユーロトラックシミュレーター2にスキンを導入できる便利なソフト「ETS2 Studio」にトラックを新規追加する方法を以前に記事簡単!ユーロトラックシミュレーター2でETS2 Studioにトラックを追加する方法でご紹介したことがありました。

前回は、ZIP形式でダウンロードしたトラックをETS2 Studioに追加する方法について触れました。

しかし今回は、SteamでサブスクライブしたトラックをETS2 Studioに追加する方法をご紹介します。

 

2019年10月 追記:

ETS2Studioはゲームシステム変更により正常に動作しない可能性があります。

現在Mods Studio 2が開発中ですので、これを使用したスキン導入方法については以下の記事「【ETS2 ATS Mods Studio 2】簡単!ユーロトラックシミュレーター2 自作スキンの作り方」をご覧ください。

【ETS2 ATS Mods Studio 2】簡単!ユーロトラックシミュレーター2 自作スキンの作り方
ETS2(ユーロトラックシミュレーター2)及びATS(アメリカントラックシミュレーター)にMods Studio 2を利用して自作スキンを導入し痛車を作る方法を解説します。 ゲームシステム変更によりETS2 Studioが使用...
【ETS2 ATS Mods Studio 2】トレーラーに自作スキンを導入する方法 ユーロトラックシミュレーター2
ETS2(ユーロトラックシミュレーター2)及びATS(アメリカントラックシミュレーター)にMods Studio 2を利用して自作スキンを導入し「痛トレーラー」を作る方法を解説します。 Mods S...

 

手順1:Steamでトラックをサブスクライブする

 

 

今回は例としてボルボのFシリーズをサブスクライブします。

Volvo F Series Truck 2.0
https://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=1131584022

 

 

手順2:Steamのインストールフォルダを開く

 

 

Steam経由でサブスクライブ(ダウンロード)されたファイルは、番号で管理されたフォルダに分けられています。

例えば、ETS2は「227300」、Volvo F Seriesは「1131584022」といった具合です。

そこで今回は、Steamがインストールされているドライブから以下のフォルダを開きます。

F:/SteamLibrary/steamapps/workshop/content/227300/1131584022/universal

※新規にダウンロードされたフォルダの探し方は、サブスクライブ直後にフォルダを更新時間でソートすると簡単にみつかります。

※ATS(アメリカントラックシミュレーター)でも同様です。

 

 

手順3:MODのファイルを非圧縮ZIP形式に変換する

 

 

フォルダを開いたら、上の様なフォルダとファイルが確認できます。

これらを全て選択し、非圧縮でZIP形式に変換します。

 

 

ここでは圧縮ではなく、非圧縮でZIP形式にします。

圧縮すると動作しないので、圧縮ソフトの設定に注意してください。

ZIPにしたら、あとはETS2 StudioからZIPを読み込むだけです。

 

今回は以上です。

この続きは、記事簡単!ユーロトラックシミュレーター2でETS2 Studioにトラックを追加する方法をご覧ください。

 

 

おまけ:ボルボFシリーズで痛車を作ってみた

今回ダウンロードしたModで痛トラックを作ってみました。

スキンの作り方は記事「簡単!ユーロトラックシミュレーター2(ETS2)自作スキンの作り方」をご覧ください。

ボルボFシリーズのスキンに必要なテンプレートは以下からダウンロードできます。

https://drive.google.com/file/d/1RySjBCMnk-xsvzuLggWsb8d5RdM5KzPw/view

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました