広告
広告

ETS2 Studioを使わずにスキンを導入する方法(痛車の作り方)MAN TGX Euro 6 v1.34

 

ユーロトラックシミュレーター2(ETS2)のアップデートにより新トラック「MAN TGX Euro 6」が追加されました。

ですが、ゲームシステム変更によりスキン導入に使用されるフリーソフト「ETS2 Studio」が利用できません。
(※厳密には一部利用可能ですが)

そこで今回は、「ETS2 Studioを使用しないで自作スキンを導入する方法」を解説します。

 

 

広告

Photoshopにテクスチャーツールを導入する

 

編集したスキンをDDS形式で保存するため、Photoshopにプラグインをインストールします。

※DDS形式で保存可能な画像編集ソフトであれば必ずしもPhotoshopである必要はありません。

 

以下のサイトからNVIDIAテクスチャーツールをダウンロードしてください。

※32bit版と64bit版がありますが、PCのOSが64bitでも、使用しているPhotoshopが32bit版であれば32bit版をダウンロードします。

 

NVIDIA Texture Tools for Adobe Photoshop
https://developer.nvidia.com/nvidia-texture-tools-adobe-photoshop

 

 

 

ダウンロードしたファイルをインストール後、Photoshopがインストールされているフォルダを見ると「Plug-Ins」と「プラグイン」、「Presets」と「プリセット」という具合に、英語と日本語のフォルダが作成されているのが確認できます。

このままでは正常に動作しないので、それぞれの中身(各階層のファイル全て)を日本語フォルダ側へコピーしてください。

(英語版Photoshopをご利用の場合は移動不要です)

例:

C:/Program Files (x86)/Adobe/Adobe Photoshop CS2/Plug-Ins/File Formats/dds.8bi

↑これを

C:/Program Files (x86)/Adobe/Adobe Photoshop CS2/プラグイン/ファイル形式/dds.8bi

↑こちらにコピーします。

 

 

テンプレートと作成例をダウンロードする

 

SCSソフトウェアのフォーラムにて、Raven31211氏がMAN TGX Euro 6のテンプレート作成例を公開しています。

これで必要なファイルが全て揃うので、ありがたく使わせていただきます。

以下からテンプレートと作成例ファイルをダウンロードしてください。

 

MAN TGX Euro 6テンプレート
https://drive.google.com/file/d/1nO7EmhRPi1lpkDK1WzZosUJkMfXub1-x/view

MAN TGX Euro 6テンプレート バックアップ(上のリンクが不通の場合はこちからどうぞ)
https://sharemods.com/x992bmcxr96k/SCS_MAN_Euro_6_Templates.zip.html

 

MAN TGX Euro 6作成例ファイル
https://drive.google.com/file/d/11oZmab2Y5Iisv-U2MfJs7J5Q_8oEHLhq/view

 

 

MODフォルダ内にフォルダを置く

 

MAN Euro 6 Example Skin.zipをダウンロードしたら解凍します。

解凍すると、「defフォルダ」、「materialフォルダ」、「vehicleフォルダ」、「manifest.sii」、「mod_description.txt」、「mod_image.jpg」が確認できますが、これらを一つのフォルダに入れて以下の場所に移します。

C:/Users/ユーザー名/Documents/Euro Truck Simulator 2/mod/

 

 

今回は「MAN TGX Euro 6」を使用し、アニメ「賭ケグルイ」のスキンを作成するため、フォルダ名を「man6kakegurui」としました。

フォルダ名はお好みでOKですが、長すぎるとエラーになるようです。

フォルダをZIP化する必要はありません。

 

 

テンプレートでデザインする

 

ダウンロードしたテンプレートを開くと、以下のファイルが確認できます。

 

 

上の画像で選択されたファイル(キャビン、サイドスカート、サイドミラー)を編集します。

トラックの各キャビンに異なるデザインを設定可能ですが、今回は「XXL Cab」のみ編集します。

 

 

XXL Cab.pngをPhotoshopで開き、上のようにテンプレートを参考にデザインします。

 

 

テンプレートのままだと網目のトラックになってしまうため、下地色をお忘れなく。

デザインの編集を終えたらDDS形式で保存します。

 

 

編集したファイルは以下の場所に保存します。

C:/Users/ユーザー名/Documents/Euro Truck Simulator 2/mod/
man6kakegurui/vehicle/truck/upgrade/paintjob/man_tgx_euro6/example

 

 

Photoshopの保存をクリックするとNVIDIAのウィンドウが表示されますが、そのままSaveをクリックして保存します。

 

 

それぞれDDS形式で保存しますが、テンプレートには「shared_accessories.dds」が含まれていないため、作成例に含まれる同ファイルを編集してDDS形式で上書き保存します。

 

 

サイドスカートの設定

 

折角提供された作成例ファイルですが、そのままではサイドスカート(トラック車体横のパーツ)が正常に表示されないため、一部編集が必要です。

 

下記のファイル「xxl_exam1.sii」をノートパッド等、コードを編集できるソフトで開いてください。

※因みに私はフリーソフトのVisual Studio Codeを利用してテキスト編集しています。

C:/Users/ユーザー名/Documents/Euro Truck Simulator 2/mod/man6kakegurui/
def/vehicle/truck/man.tgx_euro6/paint_job/accessory/xxl_exam1.sii

SiiNunit
{
simple_paint_job_data : .ovr0
{
paint_job_mask: “/vehicle/truck/upgrade/paintjob/man_tgx_euro6/example/mirrors.tobj”
flake_uvscale: 8.000000
flake_vratio: 0.500000
acc_list[]: “mirror.paint”
}

simple_paint_job_data : .ovr1
{
paint_job_mask: “/vehicle/truck/upgrade/paintjob/man_tgx_euro6/example/shared_00000000.tobj
flake_uvscale: 8.000000
acc_list[]: “sideskirt.paint_4x2”
acc_list[]: “sideskirt.paint_6x2_2”
acc_list[]: “sideskirt.stock_4x2”
acc_list[]: “sideskirt.stock_6x2_2”

}

simple_paint_job_data : .ovr2
{
paint_job_mask: “/vehicle/truck/upgrade/paintjob/man_tgx_euro6/example/shared_00000000.tobj
flake_uvscale: 8.000000
acc_list[]: “sideskirt.paint_6x22”
acc_list[]: “sideskirt.paint_6x24”
acc_list[]: “sideskirt.stock_6x22”
acc_list[]: “sideskirt.stock_6x24”
}

simple_paint_job_data : .ovr3
{
paint_job_mask: “/vehicle/truck/upgrade/paintjob/man_tgx_euro6/example/shared_00000000.tobj
flake_uvscale: 8.000000
acc_list[]: “sideskirt.paint_6x4”
acc_list[]: “sideskirt.stock_6x4”
}

simple_paint_job_data : .ovr4
{
paint_job_mask: “/vehicle/truck/upgrade/paintjob/man_tgx_euro6/example/shared_00000000.tobj
flake_uvscale: 8.000000
acc_list[]: “sideskirt.paint_8x4”
acc_list[]: “sideskirt.stock_8x4”
}

simple_paint_job_data : .ovr5
{
paint_job_mask: “/vehicle/truck/upgrade/paintjob/man_tgx_euro6/example/shared_accessories.tobj”
flake_vratio: 0.250000
acc_list[]: “r_fender.paint_4x2”
acc_list[]: “r_fender.paint_6x22”
acc_list[]: “r_fender.paint_6x24”
acc_list[]: “r_fender.paint_6x2_2”
acc_list[]: “r_fender.paint_6x4”
acc_list[]: “r_fender.paint_8x4”
acc_list[]: “r_fendr_top.paint_4x2”
acc_list[]: “r_fendr_top.paint_6x22”
acc_list[]: “r_fendr_top.paint_6x24”
acc_list[]: “r_fendr_top.paint_6x2_2”
acc_list[]: “r_fendr_top.paint_6x4”
acc_list[]: “r_fendr_top.paint_8x4”
}
}

 

xxl_exam1.siiを開いたら、上記の太字の部分を下記の様に変更し保存します。

 

SiiNunit
{
simple_paint_job_data : .ovr0
{
paint_job_mask: “/vehicle/truck/upgrade/paintjob/man_tgx_euro6/example/mirrors.tobj”
flake_uvscale: 8.000000
flake_vratio: 0.500000
acc_list[]: “mirror.paint”
}

simple_paint_job_data : .ovr1
{
paint_job_mask: “/vehicle/truck/upgrade/paintjob/man_tgx_euro6/example/4x2_and_6x2_2.tobj
flake_uvscale: 8.000000
acc_list[]: “sideskirt.paint_4x2”
acc_list[]: “sideskirt.paint_6x2_2”
acc_list[]: “sideskirt.stock_4x2”
acc_list[]: “sideskirt.stock_6x2_2”

}

simple_paint_job_data : .ovr2
{
paint_job_mask: “/vehicle/truck/upgrade/paintjob/man_tgx_euro6/example/6x22_and_6x24.tobj
flake_uvscale: 8.000000
acc_list[]: “sideskirt.paint_6x22”
acc_list[]: “sideskirt.paint_6x24”
acc_list[]: “sideskirt.stock_6x22”
acc_list[]: “sideskirt.stock_6x24”
}

simple_paint_job_data : .ovr3
{
paint_job_mask: “/vehicle/truck/upgrade/paintjob/man_tgx_euro6/example/6×4.tobj
flake_uvscale: 8.000000
acc_list[]: “sideskirt.paint_6x4”
acc_list[]: “sideskirt.stock_6x4”
}

simple_paint_job_data : .ovr4
{
paint_job_mask: “/vehicle/truck/upgrade/paintjob/man_tgx_euro6/example/8×4.tobj
flake_uvscale: 8.000000
acc_list[]: “sideskirt.paint_8x4”
acc_list[]: “sideskirt.stock_8x4”
}

simple_paint_job_data : .ovr5
{
paint_job_mask: “/vehicle/truck/upgrade/paintjob/man_tgx_euro6/example/shared_accessories.tobj”
flake_vratio: 0.250000
acc_list[]: “r_fender.paint_4x2”
acc_list[]: “r_fender.paint_6x22”
acc_list[]: “r_fender.paint_6x24”
acc_list[]: “r_fender.paint_6x2_2”
acc_list[]: “r_fender.paint_6x4”
acc_list[]: “r_fender.paint_8x4”
acc_list[]: “r_fendr_top.paint_4x2”
acc_list[]: “r_fendr_top.paint_6x22”
acc_list[]: “r_fendr_top.paint_6x24”
acc_list[]: “r_fendr_top.paint_6x2_2”
acc_list[]: “r_fendr_top.paint_6x4”
acc_list[]: “r_fendr_top.paint_8x4”
}
}

 

これで編集したサイドスカートが表示されるようになります。

 

 

アイコン(小)の設定

 

ゲーム内でスキンを選択する際に表示されるバナーアイコンを設定します。

256×64ピクセルのアイコン画像を用意し、以下の場所にDDS形式で保存します。

C:/Users/ユーザー名/Documents/Euro Truck Simulator 2/mod/
man6kakegurui/material/ui/accessory/example.dds

 

 

※今回ファイル名がexample.ddsになっていますが、ファイル名を変更する場合は他のtobjファイルやsiiファイルの中身の記述(パス)も変更する必要があります。

 

続いて、以下のファイル「exam1_settings.sui」を開きます。

 

C:/Users/ユーザー名/Documents/Euro Truck Simulator 2/mod/man6kakegurui/
def/vehicle/truck/man.tgx_euro6/paint_job/exam1_settings.sui

name: “MAN Euro6 Example Skin
price: 3000
unlock: 0
airbrush: true
base_color: (0.665300, 0.665300, 0.665300)
base_color_locked: true
flake_clearcoat_rolloff: 2.400000
flake_color: (0.973400, 0.913000, 0.775800)
flake_color_locked: false
flake_density: 0.700000
flip_color: (0.799100, 0.799100, 0.799100)
flip_color_locked: false
flip_strength: 1.700000
flipflake: false
icon: “paintjob_flag_logo_1a
mask_b_color: (0.006500, 0.026200, 0.078100)
mask_b_locked: true
mask_g_locked: true
mask_g_color: (0.781600, 0.819400, 0.637900)
mask_r_color: (0.781600, 0.819400, 0.637900)
mask_r_locked: true

 

上記の太字の部分を下記の様に変更します。

「name:」の部分がゲーム内のバナーアイコンに表示されます。

 

name: “MAN Euro6 Kakegurui
price: 1
unlock: 0
airbrush: true
base_color: (0.665300, 0.665300, 0.665300)
base_color_locked: true
flake_clearcoat_rolloff: 2.400000
flake_color: (0.973400, 0.913000, 0.775800)
flake_color_locked: false
flake_density: 0.700000
flip_color: (0.799100, 0.799100, 0.799100)
flip_color_locked: false
flip_strength: 1.700000
flipflake: false
icon: “example
mask_b_color: (0.006500, 0.026200, 0.078100)
mask_b_locked: true
mask_g_locked: true
mask_g_color: (0.781600, 0.819400, 0.637900)
mask_r_color: (0.781600, 0.819400, 0.637900)
mask_r_locked: true

 

以上でスキン選択時のバナーアイコン完成です。

 

 

アイコン(大)とマニフェストの設定

 

ゲーム内のMODマネージャーで表示されるアイコンを設定します。

276 x 162 ピクセルの画像を用意してください。

 

 

これを以下の場所に保存します。

ファイル名はmod_image.jpgです。(そのまま上書き保存でOK)

 

C:/Users/ユーザー名/Documents/Euro Truck Simulator 2/mod/man6kakegurui/

 

続いて、同じフォルダ内のファイル「manifest.sii」を編集します。

C:/Users/ユーザー名/Documents/Euro Truck Simulator 2/mod/man6kakegurui/manifest.sii

SiiNunit
{
mod_package : .package_name
{
package_version: “1”
display_name: “MAN Euro 6 Kakegurui
author: “HB-PLAZA GAME

category[]: “paint_job”

icon: “mod_image.jpg”
description_file: “mod_description.txt”

}
}

上記の太字の部分がゲーム内で表示されます。

お好みに合わせて変更してください。

 

以上で全て終了です。

お疲れ様でした。

ETS2 Studioを利用したスキン導入方法は、記事「簡単!ユーロトラックシミュレーター2(ETS2)自作スキンの作り方」をご覧ください。

コメント

広告
タイトルとURLをコピーしました