コストコ?コスコ?

051004costco01

突然ですが、COSTCOという店をご存知でしょうか?ホールセールという名で全米はもちろん、日本、台湾、韓国、イギリス、カナダ、メキシコ、プエルトリコなどに展開するディスカウントストアです。実は、アメリカに来るまでCOSTCOを知らなかったのですが、日本にもあると聞いて驚きです。日本では、東京、千葉、兵庫、福岡にあるそうで、意外と日本でも知られているかもしれません。COSTCOで検索してみると、日本では、「コストコ」と呼ばれているようですが、英語発音では、”T”を殆ど発音しないため、「コスコ」又は「カスコ」と聞こえます。おかげで、「コストコ」と聞くと間が抜けた様に聞こえて何だか気持ちが悪い。

COSTCO店内を歩いてみると、陳列は雑で工場出荷状態で商品を並べているため、店というより倉庫の中を歩いている気分になります。このおかげで余計な経費を削減し、商品を安く提供できるというシステムです。実際の商品価格は、正直なところ微妙・・・でしょうか。というのも、商品の回転が早くて、毎週のようにセール品が変わるのですが、安いモノは安いけど、そうでないものは他店と似たり寄ったりなのです。しかしながら、一般のスーパーで置かれている商品とは違い、殆どが業務用並の大きさなので、肉や魚も日本でいうキロ単位で売られ、キッチンペーパーも大型のものが12ロールパック、トイレット・ペーパーが24ロール・セットなどと、1つが抱えきれないほどの大きさをしています。

 

051004costco02

さて、どんな商品が売られているか?といえば、普段の生活の中で必要なものは何でも揃ってしまう品揃えです。今のシーズンでは、子供用プールやキャンプ用品、自転車というアウトドア製品もありますが、工具セット、宝石、電化製品(TVや洗濯機など)、衣料、楽器、タイヤ、薬、内装品、食料品など、とりあえず何でも揃います。タイヤに関しては、店の一部がガレージになっており、その場でタイヤ交換をしてもらえます。また、軽食のコーナーや、写真のプリントアウトのサービスもあります。

何度も通っていると慣れてしまいますが、この店はデカイ!と思わされます。天井までの高さは3~4階ほどあり、陳列されている棚も4~5メートルの高さです。そのため、棚の上の方に欲しい商品がある場合は、店員を呼んでフォークリフトで降ろしてもらう必要があります。しかし、COSTCOに関しては、上の方は殆ど在庫商品なので、大抵の商品はフォークリフトを必要としません。また、野菜は巨大な冷蔵室にあるため、寒さに震えながらこの中へカートを押して入ります。とはいえ、寒がる私とは関係なく、他のアメリカ人は涼しい顔で入っていきます。日本では土地の関係でこの規模の店は珍しいのですが、アメリカではCOSTCOに限らず珍しくありません。家具専門店のIKEA(アキア)は更に巨大ですし、近所のガーデニング専門店では、店内を激しくフォークリフトが走り回っていました。

今回は、特に買物もなく、シャケの切り身と鶏肉を買いました。切り身といえども、長さ60センチほどもある切り身ですが、12ドル(約1300円)の価格は、おそらく他のスーパーより安いと思われます。

 

COSTCO

Welcome to Costco Wholesale
Shop Costco.com for electronics, computers, furniture, outdoor living, appliances, jewelry and more. Enjoy low warehouse prices on name-brands products delivere...

コメント

タイトルとURLをコピーしました