ATSのスキン追加時トラブル解決法

 

ATS(アメリカントラックシミュレーター)で少し色っぽい痛トラックを作ってみました。

トラックはデフォルトのT680です。

これを現実世界で運転する勇気はないかも。。。。

 

スキンの作り方は以前の記事で紹介しましたが、今回はちょっとしたトラブルがあったのでメモします。

そのトラブルですが、スキン作成後にゲーム内でスキンの配置が崩れました。

 

 

そこで原因を探っていたのですが、ETS2 Studio内の「Skin Properties」の「Alternate UV set」にあるチェックボックスにチェックが入っていなかったことが原因だと気が付きました。

T680と579はチェックを入れて、W900と389はチェックを外す必要があるようです。

(使用するテンプレートによって違うかも?)

何故トラックの違いでチェックの有無が変わるのかよく分からないのですが・・・いずれにしても今後の為覚えておこうと思います。

 

コメント