セガサターン「ガングリフォン」をプレイ!

「90式はブリキ缶だぜ」

ということで1996年に発売されたセガサターン用シューティングゲーム「ガングリフォン」をプレイしました。

オープニングは名作と呼ばれるだけあって今見てもカッコいい。

 

私が特に気に入っているのはサウンドエフェクトで、主砲やマシンガンの砲声がたまりません。

ただ、障害物に引っ掛かることが多く、横歩きができたらもっとストレスなくプレイできたかもしれませんね。

また、十字キーでのエイミングも、微調整が難しいのが難点です。

マウスで操作できたら楽勝なゲームだったかも。

 

 
 
 
 
こんな記事も読まれています


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です