小さな町のフェスティバル

20070929antiocharmory
サンフランシスコから東へ車で約1時間のところに、Antioch(アンティオック/地元では「エニアック」と発音)という小さな田舎町があります。この街へはGun Showでよく訪れるのですが、今日はアンティオック・アーモリーというガンショップに用があって訪れました。

ところが!今日は休みでした!
なぬーーーっ!!来る前に電話確認すれば良かった・・・。

20070929antioch1
なぜ閉店なのかというと、それはストリートを閉鎖してのフェスティバル、「リバータウン・ジャンボリー」が開催されていたからでした。

私の住む街でも月に1〜2度はこういったフェスティバルは開催されていますが、いかにもアメリカの地元民による地元民のためのイベントといった雰囲気です。
この街はアジア系人口が極端に少ないので、私は浮いた気分になってしまいます。

20070929antioch2
会場の数箇所でバンドメンバーによるポップな演奏を楽しむことができます。
その横でチキンポップコーンやバーベキューなどの露天が並び賑やかでした。

20070929antioch_navy
会場の横を流れる川には、米海軍の艦船が停泊していました。ACUを着た米兵が何人か居ましたが、私は船に詳しくないのでこの船が何なのかわかりません。
ちなみに、ここから約17マイル下流には戦艦(USSアイオワ)が停泊しています。

20070929antioch_theater
街の映画館。
現在上映中の作品は「ウエストサイド・ストーリー」。
ここだけ時間が止まっています。

20070929antioch_train
街の踏切りで遮断機が下りてしまいました。
貨物列車の先頭車両が通過して最後尾が通過し終るまで約5分。
全長数キロの列車が走り去るまで気長に待ちます。
この街は1849年のゴールドラッシュで栄え、当時から鉄道が活用されていたといいます。
それにしても長すぎる・・・。